バックカントリー

目指すは、平標山 

ご無沙汰しております。

 今シーズンも残り僅か。本日、団体様が無事にお帰りになり少し一息を入れることができ更新を

平標茶屋と名打っているからには行かなければなりません。

そう「平標山」です

昨年から、雪山のベースを福島〜新潟に移した私。
少しづつ頂きを目指して行きます。本日は前編


 小学校前の駐車場に車を停車し、もちろん宿からも行けますが…少しでもハイクを少なくと…(苦笑)


目指す頂きを目視し、テンションも上がります。

さあ、頑張って行こう!

 

流石に連休もあり、いくつもの先陣が。
これは楽して登れそうです。

つづく



おすすめバックカントリーin神楽峰

 行ってきました。苗場神楽エリア初バックカントリ―

良く雑誌などで、初心者、入門などと言われますが。
いえいえ、これ十分に楽しめる地形です。
 ハイクもレベルに合わせ1時間〜3時間など、豊富なコース。
今回は「きんとうん」さんにガイドを依頼。
知らないコース地形ですので、とっても助かりました。
全体的に尾根から最終的に沢に向かう地形です。
途中、滝や穴が大きく口を開けていて、本当に知らないと危ないコースでした。

 話を聞くと、一回ガイドしてもらい、その後は自分で入る方が多いとか
今日も、装備を揃えた方に連れられて、つぼ足の無装備の方も…
でも、一回じゃあのコースのほんの入り口しか教えてくれませんし、教われません。
是非是非、2度3度と足を運んでみましょう。

 そんな私の本日のガイドさんは、寺田氏本当に最高の一日をありがとうございました。

 でツアーに参加したのが

赤いジャケットのコジマさん。千葉よりの参加です。
最新のウェアに、ファットな板。そして曇らない熱線入りのゴーグルにB.C.を知り尽くした先輩は、なんと御年70才!!え〜スゴイです。
これから、きっとこんな元気な高齢のかたが日本を元気にしますね。
若い方、負けていられませんね。

コジマさんは、名物の和田小屋にてご宿泊。雪山満喫といったところでしょうか。

さあ、出発しましょう
 

30分もハイクすると…

 

雪の付き方がガラリと変わりますね。
あ〜来て良かった。滑走も大切ですが、この景色です。
圧倒的な大自然がみなさんをお待ちしております。

勉強の為に見せて頂きました。
アバランチコントロールともうしますか、こういう座学的なものもバックカントリーを楽しむのには必要ですね。


こちらがtop標高おおよそ2200m景色こそ開けていませんが、二本目には少し開けて目でも私を楽しませていただきました。

と、滑走の様子を全く撮らずに自分だけ楽しんでしまいました。
雪質はここ数日晴天が続き、粗目のような雪を想像しておりましたが、ところがどっこい
最高のパウダーが私を楽しませてくれました。
これが、神楽の雪なんですね。


因に、神楽のロープウェー駐車場にはパウダーステーションなるショップが。
中にはパウダーに特化した板のレンタルや販売。
ビーコンなどのレンタルもやっています。
本当に初心者にwelcomなゲレンデです。

 今回にトリップには、海外のメディアの取材クルーに日本を代表するツアーのトライフォースの永井さんともお話する機会もありとても有意義でした。

 そして、〆には…

そう、


露天風呂付きに町営温泉に ドロップイン!
町民200円 ビジター500円 レンタルタオル200円になります。

そしてさらに…

薪ストーブで調理した、ダッジオーブンにキャベツ•人参•ジャガイモ•ウィンナーと塩だけで作った自家製ポトフを…
これがどれだけ美味しいかは、来てからのお楽しみです。
ガイドの寺田さんが、シンプルライフと良くおっしゃていましたが、
こちらもシンプル料理。でも本質がここにあります。

最高のランに、あったか〜いポトフで薪ストーブで暖まりながら、囲炉裏で食べる!そして良冷えたビール!!

これ以上の選択しがありますか?

みなさんのお越しをお待ちしております。
また、きんとうんさんへのツアー申し込みも代行いたしますのでご相談を!



修学旅行、無事終わりました。


雪山に制服の高校生。なんて、ちょっと見ることの出来ない日常も、無事に終了。
今頃皆さんはTDLで楽しんでいらっしゃるコトでしょう。

苗場「雪塾」の皆さん、今回もありがとうございました。

画像は最終日の夜に、姉妹店前でのキャンドルサービス。
ゲレンデのナイターに合わさって良い感じです。

明日はちょっくら行ってきます。
神楽峰です。
初チャレンジです。
ちょっと興奮してます。
小学生の遠足前ですね、実際(苦笑)